副作用が気になる時の対策方法を学ぼう

薬を服用しようとしている男性

レビトラを服用すると、効果と同時に副作用が現れる場合があります。
主に言われるのが、ほてり・頭痛・鼻づまり・消化不良・めまい・腹痛・動悸・視覚異常などです。

レビトラの有効成分はバルデナフィルで、血管を拡張して血のめぐりをよくするため、脳にある血管も拡げます。
その時に脳にある神経が刺激されると、頭痛が起こる場合があるのです。
ほてりも血流がよくなることで、身体が熱いと感じる可能性も。
お酒を飲む時に顔が赤くなる人は、ほてりが現れやすいです。
数時間で収まる軽度な症状ばかりなので、あまり気にしないでください。

まれに報告される重篤な副作用もあります。
・顔面浮腫・低血圧・失神・持続勃起・心筋梗塞・狭心症など。
必ずしも起こるわけではありませんが、発症した場合すぐに病院へ行ってください。

副作用はできるだけ起こって欲しくないもの。
飲み方次第で症状を軽く抑えることができますし、体調不良によっては市販薬を併用して緩和できる場合があります。

・頭痛や消化不良の症状には…
頭痛にはロキソニン・イブなどの鎮痛剤と併用するのが効果的です。。
消化不良の場合は、胃薬を使って症状を和らげられます。
他に市販の薬と併用したい時は、レビトラの成分と一緒に付けるのか確認した上で服用してください。

・発現率を抑えたい時は…
レビトラの最大用量は20mgですが、人によっては多すぎて副作用を引き起こる可能性があります。
錠剤を半分にカットして10mgで服用しても、十分効果を発揮します。
用量を多く飲めば作用が増すわけではないので、注意して服用してください。
レビトラの副作用と上手に向き合うと、効果をしっかり感じられるチャンスです。