レビトラとジェネリック品の効果は一緒?

2019から2020へ

レビトラは、世界で2番目に開発されたED治療薬です。
2003年にドイツのバイエル社で、製造・販売がはじまりました。
有効成分はバルデナフィルで、水に溶けやすい性質を持っています。
体内での吸収が早く、服用後15分で効き始めるという即効性の高さで人気を集めています。
レビトラにはジェネリック品があり、同じ有効成分で作られているので効果は同等です。

【レビトラの特徴】
・即効性がもっとも高い
→飲んで15~20分で効果がはじまるので、性行為の20分前までに飲んでおけばベッドインの時にはギンギンな勃起を実現。

・食事は700kcalまでOK
→バイアグラの欠点であった、“食事の影響を受ける”という欠点を補強し、食後の服用を可能にしました。
脂っこい食事は成分の吸収を妨げてしまうので注意が必要ですが、脂質の少ない料理であればとくに問題ありません。
即効性をマックスで感じたい方は、空腹時の状態で服用するのがオススメ。

・早漏にも効果的という報告
→レビトラの成分自体に早漏防止効果は入っていません。
「射精までの時間が長くなった」という報告が多く、理由は即効性があるため血液を素早く陰茎に溜めこみ、勃起力から刺激に強くなったためと言われています。
EDで早漏気味の男性は、レビトラを使用してみてください。

レビトラのジェネリック品も、同様の特徴をもっていて格安で購入できます。
高い効果を低価格で買えるメリットから、ジェネリック品に乗り換える方も続出中。
レビトラのジェネリックは日本では作られていないため、海外から取り寄せる必要があります。
通販サイトを使って海外医薬品を取り寄せることができるので、「レビトラの効果を安く買いたい」という方は試してみてください。